PAGE TOP

チャネル分析

日々変化している流通経路(チャネル)

企業は新しいチャネルを開拓したり、既存のチャネルを整備し活性化させていくために、チャネルの動向を分析して、その変化に対応していく必要があります。

チャネル分析の必要性

製造メーカや販売会社が取り扱う商品は、自社の営業部門を経て1次卸、2次卸、小売店など様々な経路を通って最終ユーザに提供されていきます。

そしてこの流通経路(チャネル)は、市場や顧客のニーズに応えるために日々変化しており、とくに近年では、ネットを利用したビジネスが急速に伸びています。

このような環境の下で、企業は新しいチャネルを開拓したり、既存のチャネルを整備し活性化させていくために、チャネルの動向を分析して、その変化に対応していく必要があるのです。

このチャネル分析の仕方については、いくつかの手法の解説もありますが、いざ取り組んでみると、なかなか難しいのが実情のようです。

というのも、各企業の販売チャネルは非常に入り組んでおり、一般論では整理しきれないのと、仮に整理できたとしても、それに基づいた戦略の展開をするためには、組織の変更が必要だという結果になりがちなのです。

新たなチャネルを構築するという課題には経営層と企画部門が取り組むとしても、現在のチャネルの整備・活性化には、担当者の構成やスキルの強化などを含めた、現場に即した展開が必要になるのです。

したがってチャネルの分析を無理なくアクションに結び付けるためには、現在の流通を分担している担当者、グループ、あるいは共に活動している仕入先を含めた、「アクション単位」に沿ってチャネルを分類し、その動向を分析することが効果的です。

このような視点から現状のチャネルを分類・分析し、戦略展開のヒントを見つけるために、『GRAPHKA-Pro』は複雑な条件を組み合わせた集計と階層機能、チャネル間の比較をしやすいグラフで、チャネル分析を支援します。

『GRAPHKA-Pro』でのチャネル分析